アトピー 鳥肌のような湿疹

「アトピー肌」と表現される皮膚は俗に言う「サメ肌」です。
鳥肌や毛穴の隆起とは、そのサメ肌を通り越し、寒くもないのに常に鳥肌がたっているような状態の皮膚の状態です。
皮膚湿疹というよりはまさにサメ肌といった感じで、どこから掻けばいいのか解らないくらい広範囲に及ぶこともあります。
ボツボツとした湿疹が毛穴上に出て、巨大な鳥肌のようになる場合があり、痒みも強いので、掻くと凸の先端の皮膚が破け、汗をかくだけでしみる状態になります。
鳥肌が出る時期は、汁が出る時期を経て、象の皮膚の時期を経て、落屑が酷い時期を経たあとに大きな鳥肌が出るケースが多く、 顔には鳥肌はでることは滅多にないです。
辛い時期と比べるとかなり症状は楽になっていますが、発作的に強い痒みが襲ってくる場合もあり、 暑いのに鳥肌が立ったり、寒いのに汗がでたり、自律神経が失調しているような状態になることもあります。
健康な皮膚では、皮膚の表面の角質層に十分な量の保湿成分や油分(アミノ酸やセラミドなど)を持っていて皮膚のバリアができ、 体内の水分が出ていったり、外からさまざまな物質が侵入するのを防いでいます。
アトピー性皮膚炎の人の肌は、保湿成分やセラミドが少なく、乾燥肌(ドライスキン)の状態にあることが分かっています。
バリア機能が弱くなっているので、アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)や微生物が侵入しやすく、また汗などの刺激に弱くなります。 アトピー性皮膚炎の人が薬や化粧品、金属などにかぶれやすいのも、このためです。
少しの刺激でかゆみが出るので、そこを掻いてしまい、掻くことでバリア機能がさらに破壊され、刺激物がますます侵入しやすくなり、 炎症を起こしてさらにかゆみがひどくなる、という悪循環に陥りやすいのです。
鳥肌(毛穴の隆起)の時期のケア法は、脱ステ中の人は、デトックスしたりない状態を1日も早く脱するように、 入浴によるデトックスを進めつつ、可能であれば軽めの運動をして、筋肉を動かし基礎代謝を促進させるようにすることが大切です。


アトピーの豆知識