アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は、通常幼児期に発症する事が多いとされています。
幼児期のアトピー症状は成長していくうちに沈静化していく場合もありますが、 一旦沈静化した症状が成人した後に再発してしまうと成人アトピーとなってしまいます。
成人アトピーの症状は、皮膚の乾燥から始まります。
思春期には皮脂で皮膚が保護されていますが、成人後は徐々に減ってきますので、 皮膚が乾燥し、再びアトピー症状が出てしまうのです。
乾燥した皮膚はザラザラとした鳥肌状に変化していくと同時に激しい痒みも伴うようになります。
皮膚の状態は、全身に広がる事も多く顔、腕、背中、首などの上半身部分に強く現われる傾向があります。
最初は乾燥した状態なのですが、症状が進むにつれて大きな湿疹状のできものが出来たり、 その箇所を繰り返し掻く事で皮膚がジュクジュクと湿った状態になっていきます。
また、幼児期にはなかった社会性ストレスも成人アトピーを発症するきっかけとなる場合があります。
ストレスは実に多くの病気に関与しているのですが、成人アトピー悪化の要因の一つでもあるのです。
成人アトピーを発症している場合は、直ちに皮膚科で診察を受けるようにしましょう。
血液検査で原因となる物質がある程度特定出来る為、生活習慣の見直しだけで症状を抑える効果があります。
衣類や直接肌に触れるものは、肌触りのよい柔らかな木綿の素材に換え、 デリケートな肌は衣服が少しすれるくらいの弱い刺激でもかゆみや皮膚炎につながる場合があります。
アトピー性皮膚炎と診断される人にはダニやほこりに対してアレルギー反応を持つ人が少なくないと言われています。
ダニやほこりに対するアレルギー反応で、かゆみや皮膚炎が悪化することがあるため、部屋はこまめに掃除をするように心掛けましょう。
皮膚炎は軽い症状のうちに、塗り薬などで対処するようにしましょう。
塗り薬はでき始めの軽い皮膚炎にはよく効きますが、慢性化して固くなってくると効きにくくなると言われています。
出来るだけ早く、自分に合った治療法を見つけ出して成人アトピーの症状をなるべく抑える生活環境を作っていきましょう。


アトピーの豆知識