アトピー 蕁麻疹について

アトピー性皮膚炎はアトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹などを起こしやすいアレルギー体質の上に、 外部刺激が加わってかゆみが生じる慢性の皮膚疾患のことを言います。

蕁麻疹は、アレルギーの病気です。 アトピー以外にも、花粉症・アレルギー鼻炎・アレルギー結膜炎・喘息のある方も要注意です。 特にアトピーの乳幼児では、食べ物が原因で蕁麻疹が出てきます。 蕁麻疹の症状として急性は2~3週間で治まり(1~2日間で治まることが多い)、慢性は1ヶ月以上続くことが多いです。

アトピー患者の約80%は5歳までに発症します。 学童期に自然治癒することが多いですが、成人してからの発症する例も近年増加しています。

アトピー性皮膚炎が蕁麻疹と似ているのは、発症箇所を問わず、赤みが帯びて、ブツブツができることです。

発症中は何もしないで我慢できるほどかゆみは甘くなく、眠れないこともしばしばあります。 年齢を重ねて改善されることが多いですが、専門的なアトピー性皮膚炎の治療を併せて行うことが大切です。

アトピー性皮膚炎の診断は、今までの経過と皮膚の症状と家族歴、そして血液検査で診断できますので、疑いがある場合は病院で診てもらいましょう。 蕁麻疹と似ているのは形が多種多様で、アトピー性皮膚炎のようなブツブツができる場合もあることです。 特にアトピー性皮膚炎は関節周りにできやすく、じ蕁麻疹の発症箇所と比較的似ています。

さらに自分の皮膚の症状を悪化させている原因物質も蕁麻疹同様にあります。

アトピー性皮膚炎は外的要因も強く、各種刺激物質により全身に広がる可能性があります。

アトピー性皮膚炎の特徴には皮膚のきめが粗くなってゴワゴワした状態になったり、肌が乾燥した状態になることが多いです。

蕁麻疹とは少々異なる症状です。

他の皮膚の病気や症状と比べて、蕁麻疹と区別がつきづらいので、しっかりと医師と相談して治療に望むことが大切です。


アトピーの豆知識