アトピー顔の赤みについて

まず、アトピーによる顔の赤みには、2つの大きな原因が考えられます。

一つ目は、顔に限ってのことではないですが、アトピーによる炎症が原因のものです。 アトピーによって、乾燥して、お肌が荒れてしまうことによって、かいてしまったりしますので、 直接的にお肌がダメージを受けて、それが原因で赤みが出てしまうという状態です。

二つ目は、アトピーによって肌のバリア機能が低下し、 外からの刺激を受けやすくなってしまい、赤みが出るという状態です。

アトピーで荒れた状態の肌では、外からの刺激から肌を守るバリア機能が正常に働かずに、 超敏感肌の状態になってしまっています。

この状態では、細菌などで直接お肌をやられてしまったり、外気温の変化などの わずかな刺激に、とても敏感に反応してしまうということが考えられます。

アトピーによる顔の赤みは、衣服では隠せない、見えるところに出る症状なので、とても深刻な悩みです。

顔の赤みという症状を解消する方法として

【1】乾燥に抵抗するために、保湿効果の高い乳液やクリーム・オイルなどでのスキンケアを行う。 とても初歩的な方法なので、アトピーに悩む方の多くの方が、すでに実践されている方法だと思います。 簡単ですが、乾燥が強くて症状が出る場合には、思った以上に効果がある場合もあります。

【2】病院で処方される外用剤を塗布する。 ただ、一般的に処方されると思われるステロイドなどは、副作用の心配があるために使用したくない方も多いです。

【3】アトピーに効果を発揮するというビタミン摂取を心がける。 しかし、食品による摂取では、アトピーにとっての十分な量を摂取することは なかなか困難なので、サプリメントを利用することも大事です。 また、同時に摂取すると効果がアップするもの、逆に効果が上がらないものなどもありますので、 正しい知識を持っての摂取が重要です。

【4】生活習慣の改善をする。 簡単そうでなかなか難しいことの一つですが、規則正しい生活、十分な水分、適度な運動など、 良い生活習慣を身につけることは、アトピーにとっても重要なことの一つです。


アトピーの豆知識